女医

甲状腺の病気はホルモンが過剰分泌する|とても小さな臓器です

がん治療を説明します

院内

従来は治療が極めて難しかったがんは、医療技術の向上と共に近年の治療実績は格段に向上しています。それでも日本人の病死要因として上位を占めている疾患ですから、積極的な先端医療の開発が続けています。人間が持っている自己免疫機構を利用する免疫療法は、再生医療の進展と共に効率性が向上している最新の対処手段です。ただし、先端医療である免疫療法の施術が可能な医師と設備を備えている医療機関は、現在の日本では限られています。したがって、居住地域の近くに該当する医療機関がなければ、遠方まで赴いて受診する必要があるかもしれません。その結果、交通費や入院費用等の経済的な負担が伴う場合があるため、利便性の高い受診先を探すことが大切です。

がんの治療実績を高めてきた技術として、患部を直接的に切除する外科療法や有効な薬品を利用する化学療法、粒子線を利用した放射線療法が挙げられます。ただし、これらの治療方法にはがんの克服に繋がるメリットだけではなく、肉体に対して多大な負担を強いる傾向にあります。その副作用の影響で併用することが非常に難しく、活用の程度を誤れば症状の悪化を招く恐れがあります。しかし、免疫療法は肉体本来の機能向上を図る手段なので、原則的に副作用は存在しません。そのため、他の治療方法と共に活用しても、悪影響が現れる心配はありません。つまり、肉体的な負担を伴わないでがんを解消する可能性だけを上げられることが、免疫療法のメリットです。