女医

甲状腺の病気はホルモンが過剰分泌する|とても小さな臓器です

地域に密着した病院

医療機器

駅から近い場所が多い

大阪市の城東区には70を越える内科があります。クリニックによって胃腸科や消化器科、小児科、循環器科など様々な診療科を併設しています。城東区の内科は駅から近く通院するにも便利な場所にあるところがほとんどです。これらの内科は地域に密着した医療を行い学校で健康診断や予防接種などを行っているところもあります。風邪をひいたときやお腹が痛む時など最初に受診するのは地域の内科です。少しぐらい体調が悪いだけですぐ大学病院などへ行く人はほとんどいないでしょう。城東区の内科では専門分野でなくても軽い症状の場合は治療することもあります。しかし患者の様々な症状を判断しそれにより他の専門医への受診を勧めるのも内科の重要な仕事なのです。

かかりつけ医として大切

しかし症状に応じて様々な専門病院へ行くことで大元の原因を見逃してしまうこともあります。内科では一人の医師が消化器科や呼吸器科、循環器科など様々な分野を専門とするところも増えています。これにより総合的な観点から患者の体を診察することができます。そのため城東区の内科は様々な診療科を併設しているところが多いのです。内科では糖尿病や高血圧などの生活習慣病や消化器系の持病などで通院している人もいます。同じ病院に定期的に通い同じ医師が診察することで患者の体調の変化にも気づきやすくなります。そのため軽い症状のうちに重大な病気を発見して治療することもできます。信頼できる医師を選んで家族のかかりつけ医とすることは大切です。